居合・杖術稽古ブログ

切先の種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

切先の種類

切先の形も各時代に適した形をしており、時代判別のポイントとなります。

小切先、中切先、大切先

小切先(こきっさき)は、日本刀という形が定まった頃、つまり平安後期から鎌倉初期の太刀
の切先です。以後時代が進むにつれ切先が伸びて大きくなった。

猪首切先

鎌倉中期頃には元寇(げんこう)による戦闘の激化から特殊な猪首切先(いくびきっさき)が
生まれ、南北朝期には太刀の長寸・大型化が進み切先もそれに従って大型化します。

かます切先

日本刀初期の本来の切先の形です。研ぎという行程が日本刀を美しく見せるための技術として
進化した後世に、かます切先が現在のような丸味を持った形に成形されたのです。

The following two tabs change content below.
幼少の頃は少林寺拳法の稽古に励み、現在は山田先生に師事し居合(無外流)と杖術(神道夢想流)の稽古に励んでいます。 無外流居合兵道:免許皆伝 無外眞伝無外流居合兵道:免許皆伝 神道夢想流:六段

関連記事

PAGE TOP