神道夢想流

神道夢想流杖道

神道夢想流杖術は、樫でできた四尺二寸一分(約128cm)、直径八分(2.6cm)の杖を使い、敵は太刀を想定した武術です。

当流の特徴は、「突けば槍 払えば薙刀 持たば太刀 杖はかくにも 外れざりけり」と伝書にあるように、杖は突き、払い、打ちなど千変万化の技を繰り出すことができる武術です。

約400年の歴史を持つ神道夢想流杖道

神道夢想流杖道は、三大古流のひとつで飯篠長威斎家直を流祖とする「天真正伝香取神道流」の道統の七代 夢想権之助勝吉により創始されました。
夢想権之助が筑前黒田藩(福岡)に召抱えられ、藩士の指導にあたり十数人の師範家を起こして盛大に指南せしめた。以来、この神道夢想流杖術は黒田藩で藩外不出の御留武術として大政奉還まで継承されました。

明治以降は、各師範の先生方のご尽力によって全国に広まり、現在、六十余本の形が伝わっています。

明治から昭和にかけて全国に広がる

現在、神道夢想流は全国で稽古されているが、そのほとんどが幕末の師範家だった白石範次郎先生の系統であり、白石先生の高弟だった清水隆次先生や乙藤市蔵先生が全国へ普及させるために尽力された。

昭和に入り実践的な武術として取り入れられる

警視庁の必須武術として取り入れられる

警視庁に在籍していた神道夢想流の先生方が神道夢想流杖術を基に警杖術を作成。現在も、警視庁では必須武術として指導されている。

柔道の創始者嘉納治五郎も稽古に取り入れる

柔道の創始者でもある講道館の嘉納治五郎が、弟子に間合いを習得させるため、清水隆次先生に神道夢想流の指導を依頼して、定期的に講道館で指導をしていた。

劔和會で学べる神道夢想流

劔和會で学べる神道夢想流は制定などとは異なり昔から伝わる古流の形を正しく伝えております。

劔和會の会長である山田宏先生は塩川先生のもとで長年修行され乙藤市蔵先生から免許をいただく。その後、さらに研鑽するため西岡常夫先生に改めて師事し西岡先生からも免許をいただくことになる。

西岡先生から受け継いだ、力に頼らない古流本来の技を習得できるよう稽古しております。初心者の段階から杖だけではなく併伝武術の神道流剣術も稽古し太刀の扱いも習得いたします。

他の併伝武術は神道夢想流特有の体の使い方を習得して高段位になってから稽古いたします。

ピックアップ記事

  1. 祥龍寺
    無外流は流祖辻月丹が無外流の剣法は禅理をもって教導すると残さ…
  2. 無外流 流祖 辻月丹が幼少の時代にどういう環境で育ち、どうい…
  3. 塩田学久
    武道というと、痛い!きつい!と思われがちですが、そのような事…