流祖 夢想権之助

流祖 夢想権之助

修業時代

流祖 夢想権之助は、初め天真正伝香取神道流の奥義を究め、その免許を受け更に鹿島神流の流祖、松本備前守について鹿島神流の奥義を究め「一の太刀」の極意を授かったと伝えられている。

宮本武蔵との試合

慶長の頃、夢想権之助は、江戸に出て、有名な剣客と数多く試合をし、一度も敗れたことがなかった。
ある日、播州明石において剣豪宮本武蔵と試合をし、武蔵の二天一流の極意である十字留にかかり、押すことも退くことも出来ず敗れてしまった。

神道夢想流杖術の誕生

それ以来、権之助は艱難辛苦、武者修業をして諸国を遍歴し、武蔵の二天一流十字留打破に工夫専念した。数年後、筑前の国(福岡県筑紫郡)に至り、太宰府天満宮神域に連なる、霊峰宝満山に登り玉衣姫命を祀る竈門神社に、祈願参籠すること37日、至誠通神、満願の夜、夢の中に童子が現れ、「丸木をもって水月を知れ」との御神託を授けられた。
権之助は、丸い木と水月の御神託を体して、種々創意工夫し、三尺二寸の太刀より一尺長くして四尺二寸一分、直径八分の樫の丸木を作りこれを武器とし、槍、薙刀、太刀の三つの武術を総合した杖術を編み出し、遂に宮本武蔵を破ったと伝えられている。

黒田藩に召し抱えられる

その後、権之助は黒田藩(福岡)に召しかかえられ、権之助を師範と仰ぎ十数人の師範家を起こし盛大に指南せしめ、特に藩外不出の御留武術として伝えられてきたものである。

『武稽百人一首』では「武道をば神の夢想ぞ権之助自らゆるす天下一の名」と詠まれている。

PAGE TOP