東京で居合を学ぶなら劔和會

入会無料キャンペーン

東京・青山にある劔和會の道場では、無外流居合を指導しています。多くの方々が、日々、居合を稽古しています。

居合とは

居合は日本古来の数ある武術の中で、日本刀を腰に差した状態から、不測の敵の攻撃に対し抜き打ったり捌いたりする技です。武士の時代から数百年かけて連綿と受け継がれてきた居合は多くの流派があり、中でも無外流の居合は実践的な居合だと定評があります。現代においても、先人が築いた居合の技を学ぶことで心身を鍛えることができます。また、稽古を綴る避けることで、普段の生活の変化にも気づくでしょう。

居合の術を身につける

居合の稽古では日本刀を使いますが、腕で抜こうとすると抜き打つことはできません。古流特有の体の運用により素早く抜き打つことができますまた、居合の速さとは決して時速何キロといったスピードではなく、相手の目に見えない動きが居合の速さにつながります。

精神力を鍛える

居合は、体全体を使うため体だけでなく四肢の隅々まで感じ、神経を集中させて動きます。こういった稽古の積み重ねにより、集中力が高まります。また、古来より居合は単に戦うための術ではなく、精神性に昇華された武術でもあります。居合は抜いて戦うことを主眼としておらず、抜かずして納めるのが本来の武術であるという教えもありますが、それでも刀を抜く境地を考えると、そう簡単に抜けるものではありません。

無外流の道歌に以下のようにあります。

居合とは人に斬られず人斬らず、己を責めて平らかの道
居合とは己の心に勝つばかり、人の非を見て人に逆ふな


無外流居合 中興の祖 中川士竜先生は、「我が国の武術は闘争行程から入って闘争否定に終わっている。自己完成の道に他ならぬ。」とおっしゃっており、これがスポーツと武道との明確に異なるところです。

居合で普段の生活も変わる

会社などに身を置いていると、人間関係は常に損得が関わってきます。全く関係のない世界で同じ居合という趣味を持つ人たちと触れ合い、年齢も性別も関係ない人間関係を作れます。こういった中同士で、切磋琢磨し楽しみを共有できる時間がとても有意義に感じられます。

名士と居合

前述のとおり、居合とは精神修行の一つでもあり、武術家だけでなく多くの歴史上の人物や名士も日常的に居合の稽古をして精神修養をしていました。

福沢諭吉

福沢諭吉福沢諭吉というと学問のイメージが強いのですが、中津藩の藩士の嫡男として生まれ、幼い頃より剣術や居合の稽古に励んでいました。東京に出て、慶應義塾を立ち上げた後も、毎日勉強し居合を抜いて生涯を閉じたそうです。

井伊直弼

井伊直弼部屋住みの時代に国学、曹洞宗の禅、絵、和歌、兵学・居合・槍術などの武術、茶の湯、能楽などの多数の趣味に没頭していました。特に居合では新心流から新心新流を開いたほど。刀は彦根城に現存しており、幕末刀と思われる剛剣です。

300年以上継承されている無外流居合

劔和會で稽古している居合の流派は無外流といいます。
無外流は、江戸時代に辻月丹が興した流派で数多くの大名の弟子がおり、特に姫路藩と土佐藩に伝承されました。もとは剣術の流派でしたが無外流修行者が自鏡流居合を学んでおり、自鏡流六代の山川能豪で途絶えてしまったため、その後は、無外流伝承者が自鏡流居合を継承し、現代では無外流居合と称されるようになりました。

時代劇で取り上げられる無外流

剣客商売有名な時代劇の主人公が無外流の使い手として描かれています。
中でも有名な作品は、池波正太郎の『剣客商売』の主人公秋山親子が無外流の使い手です。この秋山親子の剣捌きにあこがれて居合を始めたいと来られる方もいます。
もう一つは、黒澤明監督が山本周五郎の短編をもとに書いた遺稿を、黒澤組のスタッフたちが映画化した『雨あがる』の主人公が無外流の使い手です。映画の中では、我々が基本として稽古している居合の形が使われています。

無外流居合を正統に受け継ぐ劔和會

山田畔舟劔和會は、山田宏先生のもと、日々、居合の稽古に励んでいます。山田宏先生は、昭和の武道家であった塩川寶祥先生に師事し長年の修行の末に高弟となりました。塩川先生より、無外流居合の免許皆伝を允可されましたが、さらなる探究心から塩川先生の兄弟弟子であった小西御佐一先生に師事し、さらに無外流居合の免許皆伝を受けることになる。

2009年に劔和會を設立し、無外流居合と神道夢想流杖術の普及と指導に努めています。

劔和會 青山道場

居合

青山道場は、東京の青山一丁目駅や乃木坂駅などから近く、武具や稽古着を道場に置いておけるので会社帰りに手ぶらで稽古に参加できます。稽古回数などの制限もないので、自分のペースで好きなだけ稽古に参加いただけます。

劔和會青山道場

住所 〒107-0062
東京都港区南青山1-10-3 南青山Dビル B1 <Google map>
電話 03-6804-6430
最寄り駅
  • 地下鉄 銀座線・半蔵門線・大江戸線 『青山一丁目駅』から徒歩2分
  • 地下鉄 千代田線 『乃木坂駅』から徒歩7分
  • 地下鉄 日比谷線 『六本木駅』から徒歩10分
  • 地下鉄 千代田線 『赤坂駅』から徒歩10分
  • JR 『信濃町駅』から徒歩10分
稽古時間 平日:17:00 – 20:00
土曜:14:00 – 18:00
日曜:10:30 – 18:00
※水曜日定休

費用

入会時にかかる入会費と、月々の月会費があります。入会費は入会手続き時にお持ちください。

入会費 5,000円
3月31日までに入会すると無料!
月会費 10,000円

指導員

塩崎雅友

塩崎雅友山田畔舟先生より教わった通り教えることに徹しております。また、相手の技量に合わせ、誰にでも理解しやすい指導に注意しております。
鍼灸師という仕事がら、体の構造などに基づいた動き方のアドバイスも。
劔和會で教わる無外流居合や神道夢想流杖術は深いので、興味がある方は、ぜひ劔和會で学んでみてください。

 

無外流居合兵道:免許皆伝
無外真伝無外流居合兵道:免許
神道夢想流杖道:七段

吉田しおり

吉田しおり

居合を始め古武術は基本ができなければ形は成り立ちません。入会するとまず着付けはもちろん、刀の握り方、抜き方、振り方などの基本を教わり正しく身に付くよう丁寧に指導しています。居合は、性別に関係なく女性でも稽古できるので、気軽に見学にいらしてください。

 

無外流居合兵道:免許
神道夢想流杖道:五段

 

会員の声

居合を始めようと思ったきっかけや、稽古する目的は皆さんそれぞれです。会員の方に、劔和會で居合の魅力についてコメントいただきました。

H.O.さん(60代・男性・居合歴12年)

長年、居合の稽古を続けていますが、毎週、1回から2回は稽古に参加しています。居合は、スポーツと違い年をとっても稽古ができる点がいいですね。衰えるどころか、正しい稽古をしていればいくつになっても自分の成長を感じられます。

Y.S.さん(40代・男性・居合歴6年)

居合を始めて5年が経ちますが、始めは古武術特有の動きにとまどいもありましたが、形を教わり稽古を重ねることで、先人が形にした奥深さを知ることができます。また、体得していくことで先人に近づける感覚が楽しいですね。

T.O.さん(40代・女性・居合歴4年)

居合は力を使わないので女性でもできますし、一人で行う武道なので自分のペースで稽古ができます。劔和會の青山道場は場所柄からか女性が多く、みなさん真剣に取り組んでいます。東京都内なら、どこからでも通いやすいのがいいですね。

居合を始めよう

居合居合は剣道などと違い激しくぶつかり合ったりはしません。仮想敵を想像して一人で稽古を行うので、自分の技量にあったスピードで稽古ができ、老若男女関係なく稽古を始められます。当会でも、20代の若者から70代のシニアまで居合の稽古に励まれています。

居合を始めるのに必要な用具

居合刀

刀居合は本来、真剣を使用して稽古を行いますが、初心の頃から真剣を使うと危険なので刃を引いた刀や稽古用の模造刀を使って稽古します。居合の稽古で使うには、3万円から5万円程度の模造刀をおススメいたします。試しに習ってみたいという方には、貸出用の刀もありますのでご安心ください。

稽古着

居合の稽古には、胴着、下帯、袴が必要になります。居合は一人稽古で行うため、テトロンや綿など薄手の稽古着を利用される方が多いのですが、刺子など厚手の稽古着でも構いません。また、膝を壊す危険がある場合は膝のサポーターをつけられることをお勧めいたします。

まずは居合の稽古を見学してみよう

興味のある方は、まずはお気軽に見学にいらしてください。なお、見学は平日の19:30から22:00、土・日・祝日は14:00から18:00に受け付けています。

見学をご希望の方は以下のフォームからお申し込みください。フォームがうまく機能しない場合はメールで見学希望の日時をご連絡ください。

メールの場合:info@kenwa-kai.com

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

性別 (必須)
男性女性

年代 (必須)

見学したい道場 (必須)
東京・青山道場東京・新宿道場

見学希望日 (必須)

見学したい時間 (必須) ※青山道場は平日 19:30~22:00、土・日・祝日は14:00~18:00の間で見学いただけます。

備考

PAGE TOP