香取神宮と鹿島神宮へお参り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

武道の神様が祀られている鹿島神宮と香取神宮へ道場のお札をいただきに、お参りをしてきました。

東京駅からは直通のバスが便利

東京駅

香取神宮、鹿島神宮へは東京駅から直通のバスが出ているので便利ですね。朝早くても、寝てれば到着するので東京方面からの移動は電車よりバスがオススメです。

鹿島神宮

鹿島神宮

鹿島神宮は、日本建国・武道の神様である「武甕槌大神」を御祭神としており、毎年、武道家だけでなくスポーツ選手なども勝負ごとの祈願に来られます。

水運と古い町並みが美しい佐原

江戸の文化を取り入れ、水運を作り独自の文化を形成した佐原。その面影を残す町並みが今でも残っています。香取神宮までの巡回バスが走っているので便利です。

香取神宮への最寄り駅は佐原が便利なので、香取神宮へ行く前に立ち寄られてはどうでしょうか。

三大古流の香取神道流でも有名な香取神宮

香取神宮は鹿島神宮に並び、武神 経津主大神(ふつぬしのおおかみ)が祭られています。

香取神宮

神道夢想流は香取神道流の流れをくむと言われております。その香取神道流は香取神宮と深い関わりがあるとされています。

飯篠長威斎の墓

参道の脇道をは上がっていくと香取神道流の開祖 飯篠長威斎の墓があります。

香取神道流流祖の墓

石碑などを見ると分かりますが以前は神刀流と書かれております。時代の流れに伴い、思想や考えが反映されたのでしょうか。

 

 

いただいたお札は神棚にお納めして、今年も一年間稽古を見守っていただきましょう。

 

文責:塩崎雅友

関連記事

PAGE TOP