神道夢想流杖道の形

神道夢想流杖道の形

神道夢想流杖術は樫の杖と木刀(木刀・小太刀)を用いる武道です。
全部で63の形がありますが、段階に応じて形を指導いただき、反復して稽古を行います。

表(12)

基本技を修練することを目的とし12本で構成されている。
正しい姿勢、形と技を身につけるよう心掛けねばならない。

形:太刀落、鍔割、着杖、引提、左貫、右貫、霞、物見、笠之下、一禮、寝屋之内、細道

中段(12)

中級者の技を中心に12本の形で構成されている。
動きが激しくスピードも要求される。表技を修めその基礎の上に立って懸る形である。

形:一刀、押詰、乱留、後杖(前、後)、待車、間込、切縣、真進、雷打、横切留、払留、清眼

乱合(2)

目録にその名はないが、表、中段の技を総合した形で手数も多くスピードも要求される。
古くから中級修行者の目標となっている形である。

形:大太刀、小太刀

影(12)

心の修練を目的とし表技と同名の12本で構成されている。
手数は少なくスピードもないが気迫に満ちた稽古は見学者を魅了する。

形:太刀落、鍔割、着杖、引提、左貫、右貫、霞、物見、笠之下、一禮(前、後)、寝屋之内(前、後)、細道

五本の乱(5)

清水隆次先生が考案した形で、表、中段、影を総合し乱合を発展させた中級者の修行を目的と
した形である。

形:太刀落の乱、左貫の乱、間込の乱、霞の乱、斜面の乱

五月雨(5)

影が心練の基本ならば五月雨は心練の中段といえる。
五本の組形で構成されその技は気位をも要求され、心、技、体の完全一致を見なければできない高度な形である。

形:一文字、十文字、小太刀落、微塵(表、裏)、眼潰

奥(12)

長年の修行を終え、心、技、体とも卓越された人格者のみに伝授される形である。

形:先勝、引捨、小手搦、十手、打分、水月、左右留、小手留、突出、打附、見替、阿吽

秘伝極意(5)

形:闇打、夢枕、村雲、稲妻、導母

PAGE TOP