吸江寺へ除夜の鐘をつきに行こう

いつも劔和會が座禅でお世話になっている吸江寺が、数年ぶりに除夜の鐘を実施することになりました。
劔和會の会員がご接待のお手伝いをさせていただきます。

お近くの方は、ぜひ除夜の鐘をつきにきてください。煩悩を祓って心を新たに新年を迎えましょう。

日時 2015年12月31日 23時45分から
途切れたら終了(最大 25時まで)
場所 吸江寺
東京都渋谷区東4丁目10-33(google map

除夜の鐘をついて煩悩を払う

煩悩:心身にまといつき心をかきみだす、一切の妄念・欲望。

ついつい煩悩に惑わされます。居合や杖の稽古をしていても、目に入るものに惑わされ、触っているものに惑わされ正しく動くことができません。止まっていても姿勢ですら歪んでいます。座禅をしていてもすぐに頭が考えだしてしまいます。なかなか、煩悩を払い切ることはできませんが、除夜の鐘をついて煩悩を払い心新たに新年を迎えましょう。

 

今年も、あと少しとなりましたが、無事、年を越せるよう日々頑張りましょう。

 

文責 塩崎雅友

ピックアップ記事

  1. 祥龍寺
    無外流は流祖辻月丹が無外流の剣法は禅理をもって教導すると残さ…
  2. 無外流 流祖 辻月丹が幼少の時代にどういう環境で育ち、どうい…
  3. 塩田学久
    武道というと、痛い!きつい!と思われがちですが、そのような事…