無外流居合

無外流の系譜

流祖 辻月丹から始まり、中興の祖 中川士龍先生を経て、無外流は現代に受け継がれております。

劔和會では会長である山田畔舟先生が塩川先生に師事して免許皆伝を受けられ、さらに研鑽するために小西御佐一先生に師事して免許皆伝を受けられました。

初 代 辻 月丹 資茂 1648年~1727年、江戸
第二代 辻 右平太 ~1742年、江戸
第三代 都治 記摩多 資英 ~1761年、江戸
第四代 都治 文左エ門 資賢 ~1787年、江戸
第五代 都治 記摩多 資幸 ~1812年、江戸
第六代 高橋 八助 充亮 1750年~1809年、姫路藩
第七代 高橋 達蔵 充玄 1784年~1835年、姫路藩
第八代 高橋 八助 成行 1816年~1880年、姫路藩
第九代 高橋 哲夫 武成 1830年~1876年、姫路藩
第十代 高橋 赳太郎 高運 1859年~1940年、大日本武徳会
第十一代 中川 士龍 申一 ~1981年、居合道連盟

ピックアップ記事

  1. 祥龍寺
    無外流は流祖辻月丹が無外流の剣法は禅理をもって教導すると残さ…
  2. 無外流 流祖 辻月丹が幼少の時代にどういう環境で育ち、どうい…
  3. 塩田学久
    武道というと、痛い!きつい!と思われがちですが、そのような事…