無外流居合の形

無外流居合兵道の形

居合とは、刀を鞘に収めた状態から、不測の事態などのときに抜き打ったり、捌いたりする武術です。
刀を使い一人で形稽古を行います。
まずは、形の手順を覚え、稽古を重ねることにより体を練っていきます。

居合

無外流居合は、座技が10本、立技10本の形と、内伝3本で構成されております。普段の稽古では、20本の形の稽古が主となります。
まずは、この形の手順をしっかり覚え、そこから動き方など時間をかけて練っていきます。

五用 真、連、左、右、捨
五箇 水月、陰中陽、陽中陰、響き返し、破図味
五応 胸尽し、円要、両車、野送り、玉光
走り懸り 前腰、夢想返し、廻り懸り、右の敵、四方

※この他に内伝があります。

組太刀

一人で形の稽古を行っていると、敵の動きなどを意識した動きが分からなくなり、武道の形のはずが踊りと変わらなくなってしまいます。
そのため、木刀をもって二人一組で行う組太刀の稽古を行うことによって、敵の間合いを習得します。

居合の形(太刀) 北斗、太白、稲妻、霞、流星
居合の形(小太刀) 切留、突留、受流し、切上、位詰
PAGE TOP