流祖 辻月丹

無外流 流祖 辻月丹

幼少から修行

辻月旦の故郷流祖 辻月丹(幼名:兵内)は、慶安二年に近江国甲賀郡宮村字馬杉村の郷士・辻弥太夫の次男として生まれた。

山口流へ入門

十三才の時、京都に出て山口流の山口卜真斎について山口流剣術を学ぶ。十八歳の時、心を練るため油日岳に登って鍛錬をつづけ、同年、京都を立ち越前、越後から信州を巡歴して技を練ることに専念した。二十三歳の時、洛北愛宕山に登り7日間絶食して剣術成就の祈願をかけ、その間、山中にて刀を振って修行をしたのであった。
延宝二年(二十六才の時)兵内は師山口卜真斎より山口流の免許を受けたが、更に技を磨かんことと願い、同年師の許を辞して江戸へ下った。

江戸で道場を開く

江戸についた兵内は、名人、達人と試合をなし己の真の技量を知ろうとしたが、名もなき剣士と試合をする人もなく、ついに麹町九丁目に山口流の名で道場を開いた。また兵内は、学問と心の修養の必要を感じ、麻布吸江寺の石潭禅師に師事し 禅学と中国の古典 を学んだ。

現在の吸江寺

現在の吸江寺

無外流の誕生

天和二年(三十四歳)、流名を無外流とした。同年、山口卜真斎が江戸を訪れ八年後の兵内の技量を見たいと言った。兵内が小竹刀を持ち師の手元に入るや体当たりをしたところ卜真斎がその場に倒れ「只今のは余りに強すぎたり、柔らかくしてみよ」と言い、再度、卜真斎を押すことになった。更に居合を見たいと所望せられたので、道場に燭台を置いて火を灯し抜き打ちで火を消すこと三度であったという。卜真斎は「最早、我の及ぶ所に非ず」と言って数日後に京都へ戻った。

三千人以上もの弟子が入門

辻月旦の人格と技術が瞬く間に知られるに至り、入門者が相次ぎ三千人にも及んだ。直臣陪臣の士も多く、中でも小笠原佐渡守長重、厩橋の藩主・酒井勘解由忠挙は特に熱心に稽古に励んだ。小笠原佐渡守長重は、若年より一刀流を学び、その剣風は強く、辻月旦を師とするようになってからは辻月丹を自宅に呼びまたは彼の宅に訪れて稽古をされた。酒井勘解由忠挙は、柳生流の免許を受けた人であったが、晩年は辻月丹の技に感じ、主として無外流を稽古された。

元禄八年(1695年)、江戸の大火によって辻月丹の家も焼失したため、それまでの弟子数は 不明も、元禄九年より宝永六年(1710年)まで十四年間の誓詞によると、月丹の弟子は、万石以上の大名三十二家、直参百五十六人、陪臣九百三十人とある。

吸江寺で参禅し悟りを開く

石潭禅師が遷化されたため、続けて第二世・神州和尚について参禅し、兵内四十五歳の時、心法無碍の自在を得て、忽然として悟りを開いた。神州和尚は師石潭禅師の名で次の偈(げ)を与えた。

一法実無外(一法実に外無し)(いっぽう じつに ほかなし)
乾坤得一貞(乾坤一貞を得)(けんこん いってい を う)
吹毛方納密(吹毛まさに密に納む)(すいもう まさに みつに おさめ)
動着則光清(動着すれば光清し)(どうちゃく すれば すなわち ひかり きよし)

その後、名を兵内または無外と称していたが、辻月丹資茂と改めた。

禅学を重視

剣者であり、禅者でもあった辻月丹は、剣と禅は一如であるとした。その内容・文章 の充実さに於いて一流とされる辻月丹が著した伝書「無外真伝剣法訣並序」の末文に、 「右無外真伝の剣法は禅理をもって教導致すところ、貴殿禅学御了知の上当流の剣法御懇望且つ御篤志につき…」とあり、門弟達にも参禅させ、禅学了知の上でなければこの「無外真伝剣法訣並序」を授けなかったようである。

晩年

御目見得の儀

月丹六十一歳の時、酒井忠挙の取り計らいで、御目辻見得の儀として五代将軍 綱吉に謁見の許可が出たが、不運にも綱吉死去により実現しなかった。しかし、 一介の浪人剣客に御目見得の許しが出た事は当時破格の出来事であった。

無外流の伝承

一探求者としての人生を希望していた辻月丹は、大名家から、師範役として迎えたいとの度々の申し出を断り、厩橋藩(後年姫路藩に転封)酒井家には辻月丹の甥無外流第二代辻右平太を、土佐藩山内家には辻月丹の養子で無外流第三代後継者の都治記摩多資英を推挙し師範役とした。

また伊勢崎の酒井家(分家)磯田某も右平太に学び、その流れは挙母藩(ころもはん、現在の豊田市)の内藤家に伝わる。

最後

辻月丹の没する三ヶ月前の姿は、袈裟を掛け、手には払子を持った高僧の姿で描かれているといい、また別の画には袈裟を掛けた姿ではあるが、右手に木刀を持ち、眼光鋭い剣者辻月丹が描かれている。

こうして家庭も造らず一生を不犯で通した辻月丹は、享保十二年(1727年)六月二十三日、 禅学の師・石潭禅師と同月同日、座禅を組み、念珠を左手、払子を右手に持って一生を閉じたという。七十九歳であった。

江戸高輪如来寺大雲院に葬られた。

無外子一法居士

PAGE TOP