無外流居合

無外流とは

無外流は、1693年に流祖・辻 月丹が江戸で興した剣術の流派。
流祖は、大名との交流が多かったため、多くの武士が無外流を修行し、姫路藩や土佐藩をはじめ多くの藩士が月丹の弟子となった。
また、月丹は禅者でもあり、麻布にあった臨済宗 妙心寺派 吸江寺の石潭禅師に師事して禅学と中国の古典を学んだ。剣と禅は一如であるとし、門弟達にも参禅させていた。

明治以降の無外流

明治の無外流

明治期に警視庁で三郎三傑と言われた優れた三名の剣術家がいたが、このうち高橋赳太郎と川崎善三郎は無外流を納めた剣術家であった。こういった点からも無外流の強さが垣間見える。

高橋赳太郎は、酒井家に仕えた武士で、姫路藩の剣術指南役高橋家の末裔として、藩校「好古堂」で武術を指南しており無外流高橋派の継承者となった。明治維新の後、上京し警視庁撃剣世話掛の採用試験を受けて合格した。

川崎善三郎は、土佐藩の武士で、無外流土方派の後継者であったが、戦後の動乱で土佐に伝わった無外流は失伝した。

現在の無外流

現在の無外流は姫路藩の系統を継承している。
剣術は失伝したが、流祖の時代から自鏡流居合が伝わっており、戦後、中川士龍先生によって無外流居合として再編され、全国に普及し現在も各地で稽古されている。

劔和會で学べる無外流

劔和會では、山田畔舟先生のもと古来から伝わる無外流を正しく継承している。山田畔舟先生は、現代の宮本武蔵と言われ武芸百般を収めた塩川先生の高弟であり無外流の免許皆伝を納めたが、さらに研鑽するために小西御佐一先生にも師事され小西先生からも免許皆伝を受けられている。塩川伝は『無外流居合兵道』と言い、小西伝では『無外真伝無外流居合兵頭』と言う。

そのため、劔和會の無外流は塩川伝と小西伝の双方を分けて稽古している。

小説などでも取り上げられている無外流

著名な時代劇作家が作品の中で無外流を取り上げている。

「剣客商売」(池波正太郎)

剣客商売無外流の老剣客、秋山小兵衛を主人公とし、息子の大治郎と江戸を舞台に様々な事件を解決する物語。池波の死去により未完となっている。
ドラマ、映画、漫画など多数の作家に取り上げられている。

 

 

 

 

「雨あがる」

雨あがる故・黒澤明監督が山本周五郎の短編をもとに書いた遺稿を、黒澤組のスタッフたちが映画化。無外流の達人でありながら人の良さが災いし、思うように仕官になれない浪人をユーモラスに描く。居合を抜くシーンもあり、無外流を稽古している人にとって、違う見方ができて楽しめる。

ピックアップ記事

  1. 祥龍寺
    無外流は流祖辻月丹が無外流の剣法は禅理をもって教導すると残さ…
  2. 無外流 流祖 辻月丹が幼少の時代にどういう環境で育ち、どうい…
  3. 塩田学久
    武道というと、痛い!きつい!と思われがちですが、そのような事…