武術を極めるには古に学ぶ

劔和會は古くから伝わる無外流居合と神道夢想流杖術という古武術の稽古をしています。

他の古流はもちろん、剣道や合気道、柔道、少林寺拳法など現代の武道をされている方が古流を学ぶことで、それぞれの技が向上するものと感じております。

劔和會で稽古できる武術

無外流居合

無外流居合

無外流は、江戸時代の中期に辻月丹が興した剣術流派で現在では居合を継承しております。居合は平時において不測の事態が起こった時に刀で応対する武術ですので、常に瞬時に動ける状態をつくり、後から動いて勝つには無駄なく速く動く体の使い方が求められます。

真剣を使った稽古

初心者の間は模造刀を使って稽古を行いますが、居合とは本来、真剣を使って稽古を行います。有段者は真剣を使って稽古ができるので、緊張感を持って稽古することで精神を練り、技をさらに深めてまいります。また、試し切りなども行うので、切るということがどういうことかを具体的に実感できます。

神道夢想流杖術

神道夢想流は、戦国時代末期に夢想権之助が興した流派で、長さ4尺2寸1分、直径8分の杖を用いた武術です。変幻自在に扱うことで、攻防が読みにくい技が多々あります。

合気道を稽古されている方が杖の使い方を習得したいという理由で入会されるケースも多く見られます。

多数の併伝武術

神道夢想流は杖術だけでなく、剣術、十手術、短剣術、鎖鎌術、短杖術といった併伝武術があり、神道夢想流特有の体の運用によってあらゆる武器を扱うことができます。

どこまでも研鑽し古流本来の技を伝承する山田畔舟先生

山田宏先生

劔和會の会長は山田畔舟先生と言います。山田畔舟先生は、昭和の武蔵と言われ武芸百般を収めた塩川ほうしょう先生の高弟でした。塩川先生のもとで長年修行され無外流居合および神道夢想流杖術の免許皆伝を受けられましたが、さらなる研鑽のため無外流居合は小西御佐一先生に師事し、神道夢想流杖術は西岡常夫先生に改めて師事され両流派ともお二人の先生から免許皆伝を受けられました。二つの流派とも二人の先生から免許皆伝を受けられるという稀有な先生でもあり、術理をとことん探求される先生でもあります。

劔和會は古来より受け継がれ昭和の武術家であり山田畔舟先生が研鑽された術を継承する団体です。

流派特有の体の使い方や形の理合など丁寧に指導します。

入会前から他の武道をされていた方にインタビュー

小野さん

宮川さん

相楽さん

稽古の概要

稽古場所

 

稽古のスケジュール

 

費用

 

入会するには

入会の前に見学をして稽古の内容や雰囲気などをご覧になられてから入会されることをお勧めします。

入会までの流れ

見学

以下のフォームから事前にお申し込みください。フォームがおかしい場合はメールでご連絡ください。

入会手続き

入会申請書に記入いただき、入会費(5,000円)とスポーツ保険(1,988円)をお支払い。

 

PAGE TOP