刀の長さによる分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

刀の刃の長さによる分類

現在では、刃の長さにより刀(太刀・打刀)、脇差(脇指)、短刀に分類されています。

野太刀・大太刀 3尺以上
太刀・打刀 2尺以上
脇差 1尺以上
短刀 1尺未満

※1尺は約30.3cmです

居合で使いやすい長さ

江戸時代に刀は、2尺3寸から2尺3寸を定寸と制定されました。これは、織田信長が刀は2尺3寸が適当なりと主張したことが
居合で使う刀は、流派によって推奨する長さが異なりますが、無外流では体に合わせて2尺2寸から2尺5寸程度の刀を使います。
私は身長が164cmですが、2尺3寸5分くらいの刀がちょうどいい長さですご、反りの具合によって抜きやすさが変わります。
上記の刀以外にも殿中差し、鎧通しなどといった刀もあります。

関連記事

PAGE TOP